歴史


AFAM 歴史

1978年 フランス北部のロメの町工場でバイクスプロケットの生産を始める。
限られた車種で少ない量の製品を生産していた。
1984年 ジョーレットバノバーシェル社により、バイクスプロケットの販路をヨーロッパ全域と日本に販路を広げる。
1986年 ワールドチャンピョンシップのタイトルを獲得
1987年 HRCにバイクスプロケットを供給し1987年〜2001年に掛けて10回のGP500のタイトルを獲得
90年代半ば ヨーロッパ内外を問わず20カ国以上の国と取引を開始。ホンダ、ヤマハ、ヨシムラ、モリワキ、ドゥカティ、アプリリアなどのバイクメーカーとも取引を始め、レースシーンやアフターマーケットに確かな地位を確立した。
90年代後半 後にアファムフランス社となるケロゾン社の誕生。
エクセルリムやDIDチェーンなどの販売を始める。
2002年 ケッテンヴルフグループがアファムを買収する。
その後、開発が促進し製品のラインナップが増加した。
ケッテンヴルフNVとDC-AFAMという2つの新しい会社の誕生。
ケッテンヴルフNVは産業機器に特化しDC-AFAMはバイクパーツを専門とする会社となった。
2006年 AFAMはバイクスプロケットのメーカーの頂点として認識され始めました。
2000種類のバイクスプロヶトを生産しながらチェーンやハンドルの生産も続け、この年商品の生産数は420,000個に達しました。
現在 ■セールステリトリー
アファムのバイクスプロケットは50カ国もの国のライダーに愛用され、スポーツ走行、その他のオン、オフ走行用のスプロケットとして認知されています。
■OEM
アファムのバイクスプロケットはヨーロッパのドゥカティー、アプリリア、KTMなどのバイクメーカーのOEMとして使われています。
■バイクレース
Moto2やGP125などでは多くの車両にスプロケットが取り付けされています。
■バイクレース
1995
AFAMが最初にワールドタイトルを勝ち取りました。
ライダーはカールフォガティーでした。
以後7回のタイトルをとっています。